コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーパーゲージ taper gauge

大辞林 第三版の解説

テーパーゲージ【taper gauge】

テーパーをなしている棒・ねじなどの勾配を検査するゲージ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のテーパーゲージの言及

【ゲージ】より

角度ゲージは記されている角度をなす端面が測定面として磨かれているもので,長さ測定の場合にブロックゲージのような端度器が用いられると同様に,角度の精密な測定に対して用いられる。テーパーゲージは軸,または穴の円錐の傾き,すなわち円錐の直径とその長さの比(テーパー比),または軸線を含む断面内の円錐の母線の間の角度(テーパー角度)を検査するために用いる。ブルー絵具を一様の厚さに塗り,工作物にはめ合わせ,相対的にわずかに回転させ,そのはげる位置,広さでテーパーの大小を知る。…

※「テーパーゲージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テーパーゲージの関連キーワードゲージ(検査の基準に用いる器物)勾配ねじ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android