テーランガーナー闘争(読み)テーランガーナーとうそう

世界大百科事典 第2版の解説

テーランガーナーとうそう【テーランガーナー闘争】

1946‐51年に南インドのアーンドラのテーランガーナーTelangānā地方で展開された農民の武装闘争。47年8月のインド独立をはさみ,ハイダラーバード藩王勢力および独立インド政府を相手に戦われた反封建闘争で,共産党主導のアーンドラ・マハーサバーĀndhra‐Mahāsabhāに結集する農民は大地主を追い出し,100万エーカーの土地を再分配し,小作追いたてや強制労働を廃止させた。インド政府軍の徹底的弾圧で51年10月に鎮圧される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android