コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオニュシオス・ホ・アレオパギテス Dionysios ho Areopagitēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオニュシオス・ホ・アレオパギテス
Dionysios ho Areopagitēs

『使徒行伝』 17章 34で言及されている1世紀頃のアテネ人。ディオニシウス・アレオパギタともいう。ホ・アレオパギテスとは古代ギリシアのアレオパゴス最高法廷の裁判官の意。パウロの説教によってキリスト教に入信した。いわゆるディオニュシオス偽書がその著とされたのは 533年コンスタンチノープルにおけるキリスト単性論者の主張が初めてである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディオニュシオス・ホ・アレオパギテスの関連キーワードディオニュシウス・アレオパギタドニ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android