主張(読み)シュチョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ちょう〔‐チヤウ〕【主張】

[名](スル)自分の意見や持論を他に認めさせようとして、強く言い張ること。また、その意見や持論。「主張を通す」「自説を主張する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅちょう【主張】

裁判等において,第三者が紛争事件につき判断をするためには,紛争当事者からそれぞれの言い分をきくことが必要なことであるし,また妥当なことでもある。この〈それぞれの言い分をきく〉ことを訴訟当事者側から表現すれば,〈主張する〉ということになる。このように当事者が申立てを基礎づけるために行う訴訟行為を,主張という。主張は陳述ともいわれ,法律上の主張と事実上の主張に大別される。前者は特定の権利または法律関係に関する自己の認識または判断を報告する陳述をいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅちょう【主張】

( 名 ) スル
いつも持ち続けている強い意見・考え。持論。 「 -が通る」 「 -を曲げる」
自分の意見を言い張ること。 「強硬論を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ちょう ‥チャウ【主張】

〘名〙
① 主としておしはること。主となって維持すること。
※四河入海(17C前)一三「是がはびこりて、独り東北の隅を領じて主張としているぞ」 〔宋史‐徐中行伝〕
② 主宰すること。つかさどること。
※新編覆醤集(1676)一・題豊国神廟壁「英霊飛散無巫祝、秋月春風作主張」 〔荘子‐天運〕
③ 自分の意見を言いはること。自分の意見を言い続けること。また、その意見。持論
※通俗赤縄奇縁(1761)一「若(もし)姨娘の主張(シュチャウ)(〈注〉レウケン)によりて、此を従良することを得ば、その功徳は九級浮図を造るより勝るべし」 〔韓愈‐送窮文〕
④ 民事訴訟で、原告または被告が自己に有利な具体的法律効果あるいは事実を陳述すること。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主張の関連情報