ディオニュソス的(読み)ディオニュソステキ

大辞林 第三版の解説

ディオニュソスてき【ディオニュソス的】

ニーチェの説いた芸術創造の類型の一。節度や個体を破壊し、根源的一者に融合しようとする。ディオニュソス祭の熱狂的な音楽に象徴されるように、動的で非造形的な抒情・音楽芸術へ向かう。 ⇔ アポロン的

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android