コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオニュソス的 ディオニュソステキ

大辞林 第三版の解説

ディオニュソスてき【ディオニュソス的】

ニーチェの説いた芸術創造の類型の一。節度や個体を破壊し、根源的一者に融合しようとする。ディオニュソス祭の熱狂的な音楽に象徴されるように、動的で非造形的な抒情・音楽芸術へ向かう。 ⇔ アポロン的

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ディオニュソス的の関連キーワードビザンチン哲学アポロン的伝統論争主意主義アウロス悲劇

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android