コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディピュロン ディピュロンDipylon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディピュロン
Dipylon

ギリシア語で「二重門」の意で,古代アテネの城壁の北西部に位置する市門。ここからエレウシスへ向う聖道と,アテネの外港ペイライエウス (ピレウス) へ通じる道が延びていた。このディピュロンの外に接して,市の墓地ケラメイコスがあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディピュロンの関連キーワードディピュロン出土のアンフォラディピュロン出土の青年の首アテネ国立考古学博物館デクシレオスの墓碑ディピュロン様式門(出入口)幾何学様式ギリシア語

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android