コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デサ desa

世界大百科事典 第2版の解説

デサ【desa】

インドネシアのジャワ,マドゥラ,バリ島などで〈ムラ〉を指す。サンスクリットで地方を意味するデーシャdeśaを語源とする言葉で,マタラム朝(8~10世紀)のジャワに導入されたと考えられる。現在,インドネシア語では,カンプンが一般に集落を意味するのに対し,デサは行政村の意味で使われることが多い。明確な資料の存在する19世紀ジャワについていえば,デサは地縁的性格の濃い村落共同体であった。土地の共同占有,村役人のための職禄田,村内互助活動,植民地当局への租税納入・賦役義務団体などが当時のデサに見られた特徴であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デサの関連キーワードオルデサ=モンテペルディド国立公園オーバーナイト・サクセスリーガサラ プロサラロックハートモンバールターフ民主国民会議派イタリア文学史アルジェライトシダーデベリヤアクセレイターゴトン・ロヨンアッシュトン石本 他家男ジャワ[人]ドゥーヴィルグアディクスサンマルタントゥカノ族石田 友治ウルウル湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android