デット・サービス・レシオ(読み)デットサービスレシオ

百科事典マイペディアの解説

デット・サービス・レシオ

債務返済比率あるいはDSR,DS比とも記す。一国の債務負担の大きさを表す指標の一つで,債務元利合計支払額を財・サービス輸出額で割った率。一般に15〜20%が危機ラインといわれる。世界銀行の推計によると1997年の債務/輸出比率は約17%である。この数字は1991年の18.6%などと比べやや改善されている。→累積債務

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のデット・サービス・レシオの言及

【累積債務】より

… 対外借入れが必要なのは主として発展途上にある国であり,発展途上国の対外債務の総額は,IMF統計によると1983年末で7676億ドルに及んでいるが,1977年末には3293億ドルであったから6年間で2.3倍の増加である。この間,返済能力(財貨・サービスの輸出額)はそれほど伸びなかったために,債務負担の指標であるデット・サービス・レシオdebt service ratio(財貨・サービスの輸出額に占める債務返済額と利子支払額の割合)は15.3%から22.5%へと上昇した。このように,発展途上国全体として累積債務が生じたわけであるが,債務累積額が中進国の一部に集中していることが特徴的であり,なかでもブラジル,メキシコは両国合計で1982年末に850億ドルという巨額に達した。…

※「デット・サービス・レシオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android