コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフレ でふれdeflation

翻訳|deflation

知恵蔵の解説

デフレ

デフレーション」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デフレ

物価が下がり続け、経済活動が縮んでいく現象。日本は1997年ごろから、戦後初めて陥った。例えば、牛丼の値段が下がると、消費者はうれしいが、そこで働く従業員給料も下がる可能性が高くなる。 デフレに陥ると、縮み志向が連鎖し、なかなか抜け出せなくなる。

(2015-11-20 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デフレ

デフレーションの略称。継続的にモノの値段が下がり続け、経済全体が収縮していくこと。モノの値段が下がると給与が下がり、給与が下がると消費が控えられ、そうなるとモノが売れないので、モノの価格がさらに下がるという悪循環が続く。いったんデフレになると負の連鎖が起こり、らせん階段を下りるようにどんどん下降、それにつれて景気も比例して落ち込むなど、「デフレスパイラル」のメカニズムが働く。実際、日本では1990年前後をピークとするバブル経済が崩壊して以来、そのメカニズムが働き続け、「失われた10年」と言われる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デフレ
でふれ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデフレの言及

【デフレーション】より

…元来は通貨量の縮小とそれに伴う物価水準の下落を意味し,インフレーションと正反対の概念であった(デフレートdeflateとは〈空気を抜く〉ことを意味する)。しかし現在では,より広く,政府の政策によって経済活動が沈滞し,倒産や失業が増大する状況に経済が陥ることの意味に用いられる。…

※「デフレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デフレの関連キーワードデフレ・スパイラル(Deflationary spiral)輸入デフレ/輸入インフレデフレーション(デフレ)インフレ・ターゲットベースアップ(ベア)物価水準の財政理論インフレ・ギャップインフレターゲットマクロ経済スライド量的・質的金融緩和日本経済再生本部ヘリコプターベンインフレとデフレデフレ・ギャップデフレインパクトインフレギャップ実質雇用者報酬負のスパイラル名目雇用者報酬アベノミクス

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デフレの関連情報