コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュリュフレ Maurice Duruflé

世界大百科事典 第2版の解説

デュリュフレ【Maurice Duruflé】

1902‐96
フランスのオルガニスト,作曲家。1920年からパリ音楽院に学び,30年にパリのサンテティエンヌ・デュ・モン教会のオルガニストとなる。自作品を含むレパートリーで演奏活動を展開。43年から69年まで母校でオルガンと和声法を教授した。代表作は《レクイエム》(1947初演)。【後藤 暢子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デュリュフレの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアマーラーレハールコワニエ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android