デンマーク建築(読み)デンマークけんちく(英語表記)Danish architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「デンマーク建築」の解説

デンマーク建築
デンマークけんちく
Danish architecture

キリスト教の伝播とともにデンマーク各地に聖堂修道院が建てられた。これらのうち現存する著名な建築には 12世紀頃のロマネスク様式のリーベ,ビボルグの各聖堂があり,ゴシック時代を代表する建築としてはゴシック初期の様式を伝えるロスキレ,オールフスの聖堂,ソーレの修道院が知られる。次いで 16世紀にいたり北欧ルネサンス様式が伝えられ,有名なローセンボル宮をはじめ城館や都市建造物にすぐれた建築を残した。バロック様式では有名なクリスティアンボル宮があげられる。 19世紀以後は古典主義建築が大いに流行して,都市を飾った。現代建築ではフランスのル・コルビュジエの論説が早くから受入れられ,建築家 K.フィスカなどが伝統的素材を近代建築のなかに機能的に用い,北欧建築に新しい方向を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android