コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝播 デンパ

デジタル大辞泉の解説

でん‐ぱ【伝×播】

[名](スル)
伝わり広まること。広く伝わること。「文化が東へ伝播する」
波動媒質の中を広がっていくこと。「熱が伝播する」
[補説]「でんぱん」と読むのは誤り。

でん‐ぱん【伝×播】

でんぱ(伝播)」の誤読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱ【伝播 diffusion】

文化人類学の用語二つの文化が直接あるいは間接に接触した場合,一方の文化から他方の文化へ,文化要素の移行・受容が行われる現象をさす。この意味において伝播は人類に普遍的であり,また人類の歴史のすべての段階に存在し,これによって,最初局地的に知られているだけだった創造的努力の成果が広まり,また再発明の手間を省くことによって文化の発展を促進してきた。既存のある文化体系に新しい文化要素がつけ加わるのには,その文化体系内部での発明と,他文化からの伝播とがあるが,ともに同様な過程をたどる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんぱ【伝播】

( 名 ) スル
次々に伝わって広まること。 「デマが国中に-する」
波動が広がっていくこと。
二つの集団ないし文化が接触したとき、一方から他方へ文化要素が移ること。文化人類学の用語。

でんぱん【伝播】

「でんぱ(伝播)」の誤読。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝播の関連キーワードノルデンシェルド(Nils Erland Herbert Nordenskiöld)フォトニックバンドギャップシグナルエンハンスメントショックブレークアウトブリルアン帯(ゾーン)マクスウェルの光理論エリオット=スミス最小到達時間の原理アルヴェーン速度フェルマーの原理キャンベルの公式可能性制限の原理インフラサウンドマスロフの定理集団ヒステリー最小時間の原理文化伝播主義ストンレイ波グレーブナーソリトン分裂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝播の関連情報