論説(読み)ろんせつ

精選版 日本国語大辞典「論説」の解説

ろん‐せつ【論説】

〘名〙 物事の理非じ、主張を述べ、また解説すること。また、その文章。特に、現代では新聞の社説など時事問題について論じ述べたものをいう。論説文
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「妙法を論説(ロンセツ)して、本土にかへるへし」 〔王褒‐得賢臣頌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「論説」の解説

ろん‐せつ【論説】

物事の是非を論じたり解説したりすること。また、その文章。特に、新聞の社説など、時事的な問題について論じ述べたものにいうことが多い。
[類語]説明解説説く達意論ずる言説総論汎論概論通論概説略説各論総説要説補説図説敷衍ふえん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「論説」の解説

【論説】ろんせつ

議論。〔後漢書、王伝〕充、論を好む。始めは(きい)なるが(ごと)きも、(つひ)に理實り。以爲(おも)へらく、俗儒守、多く其の眞を失ふと。

字通「論」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の論説の言及

【社説】より

…新聞が自社の意見として掲載する論説。通常,論説委員会で論議のうえ,そのテーマの分野を担当する委員が執筆する。…

※「論説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android