コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デービッド・カパーフィールド David Copperfield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デービッド・カパーフィールド
David Copperfield

イギリスの小説家 C.ディケンズの半自伝的な小説。 1849~50年に月刊分冊で刊行。父親の死後生れたデービッドは,母と忠実な女中ペゴティとともに静かな生活をおくっていたが,母がマードストン氏と再婚するや,過酷な義父によって寄宿学校へ追いやられる。母の死後ロンドンの靴墨工場へ働きに出され,悲惨な貧困生活を味わうが,一文なしの楽天家ミコーバーの一家と知合って,わずかに慰められる。デービッドは工場を逃げ出し,大伯母トロットウッドを頼る。勇み肌の彼女の援助で法律を学び,見習い先の弁護士の娘ドーラと恋をし,結婚。やがて作家として名をあげるが,幼な妻の典型のようなドーラの死後は,貞淑聡明なアグネスと再婚する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デービッド・カパーフィールドの関連キーワードチャタム

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android