コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥトモス2世 トゥトモスにせいThutmose II; Thuthmosis II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトモス2世
トゥトモスにせい
Thutmose II; Thuthmosis II

古代エジプト第 18王朝4代目の王 (在位前 1512頃~前 1504頃) 。トゥトモシス2世とも呼ばれる。トゥトモス1世の子。異母姉ハトシェプストと結婚。北部クシュの反乱鎮圧シリアに遠征したりしたが,病弱で,政治方針は主として内政に向けられ,平和外交や神殿の造営修築に力を注いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥトモス2世の関連キーワードトゥトモス3世トトメス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android