コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥレット症候群 とぅれっとしょうこうぐん Tourette's syndrome

3件 の用語解説(トゥレット症候群の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

トゥレット症候群

多彩な運動性チック症状と、音声チック症状を合併した重症のチック障害(tic disorder)。運動性チック症状は、まばたきや顔をしかめたり、また、頭部の急激な動きから始まり、胴や上下肢に及び、自分をたたいたり、飛び跳ねたりという症状に至ることもある。音声チック症状は、「アッ」「ウッ」などの声を出す、咳払いをするといったものから、社会的に望ましくない言葉や罵声を発したり(汚言症)、他人の言葉を繰り返したり(反響言語)する場合もある。小児期や青年期初期に発症し、成人期まで持続することが多い。薬物療法によって症状が改善する。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トゥレットしょうこうぐん【トゥレット症候群】

〔フランスの医師トゥレット(Georges Gilles de la Tourette1857~1904)が報告〕
小児期に発症する神経疾患で、チックの中でも重症なもの。まばたき、顔しかめなどのチック症状のほか、同じ言葉の繰り返しや汚い言葉を発することもある。また、強迫性障害や注意欠陥多動障害を併発することが多い。トゥーレット症候群。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥレット症候群
とぅれっとしょうこうぐん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥレット症候群の関連キーワードバルチック海ペダンチックアスレチックアンチックゴチックちっくりアナバチック風エゴイスチックドラスチックネマチック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥレット症候群の関連情報