コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥンガバドラ川 トゥンガバドラがわTungabhadra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥンガバドラ川
トゥンガバドラがわ
Tungabhadra

インド南部を流れるクリシュナ川最大の支流ウェスタンガーツ山脈に源を発するトゥンガ川とバドラ川がカルナータカ州のシモガ北東で合流,トゥンガバドラ川となる。乾燥したデカン高原を多くの支流を集めながら北流,次いで大きく湾曲しながらほぼ北東流して,アンドラプラデーシュ州クルヌール北東約 25kmの地点でクリシュナ川に注ぐ。全長約 640km。 1948年から,灌漑と発電のための大規模な計画が発足。ホスペットの堰堤による大貯水池,トゥンガバドラダムなどが完成して,ワタ,ナンキンマメの栽培や,クルヌール,ベラリなどのセメント,化学工業の発展に役立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゥンガバドラ川の関連キーワードライチュールホイサラ朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android