堰堤(読み)エンテイ

デジタル大辞泉の解説

えん‐てい【×堰堤】

川水を他に引いたり、流れを緩やかにしたり、また釣り場をつくったりするために築かれる堤防ダムより小規模。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんてい【堰堤】

貯水・治水・砂防などの目的で、河川・渓谷を横断してつくられる堤防。ダム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐てい【堰堤】

〘名〙 (「堰」はせきの意) 河川渓谷の水流、あるいは土砂をせきとめるために、石、コンクリートなどで築いた防。ダム。
明衡往来(11C中か)中本「嵯峨之花堰堤之水。尤可賞翫之秋也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堰堤の関連情報