コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トックリラン(徳利蘭) トックリラン Beaucarnea recurvata(Nolina recurvata)

2件 の用語解説(トックリラン(徳利蘭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トックリラン(徳利蘭)
トックリラン
Beaucarnea recurvata(Nolina recurvata)

リュウゼツラン科の小高木。メキシコ原産で高さ2~3mになる。幹の下部が徳利状にふくれるのが特徴。幹の頂部から,幅 1.8cm前後で長さ 80~100cmの線状葉を密に出し,先端は垂れ下がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トックリラン【トックリラン(徳利蘭) Nolina recurvata Hemsl.】

茎の基部がふくらみ,とっくり形をなす木本状の単子葉植物(リュウゼツラン科)。形がめずらしいので観賞用に供され,地植えや鉢植えとされる。属名のカタカナ読みでノリナともいわれる。原産地はメキシコ南部からベネズエラ。高さは通常1mくらいであるが,原産地では上部で枝を分枝し10mくらいになることもある。葉は線形で薄く,緑色をなし,長さ90cm~2m,幅約3cm。葉はそりかえって曲がり,垂れ下がる。茎頂の大きな円錐花序に小さな花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トックリラン(徳利蘭)の関連キーワードクラミドモナス仇をなす徳利襟長覆輪ぷっくり山をなす徳利燕膨らみ実栗徳利蒸し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone