コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラステベレ Trastevere

デジタル大辞泉の解説

トラステベレ(Trastevere)

イタリアの首都ローマ中心部、テベレ川右岸の地区名。古代ローマ時代、先住民であるエトルリア人の集落があった。ローマ最古とされる4世紀創建のサンタマリアイントラステベレ教会、聖女チェチリアを祭るサンタチェチリアイントラステベレ教会がある。庶民的な地区として知られ、日曜日に開かれるポルタポルテーゼの蚤の市が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラステベレ
とらすてべれ
Trastevere

イタリアの首都ローマの中心部、テベレ川右岸の地区。ローマ時代にはエトルリア人(エトルスキ)が住んでいた。ここに住む人は「ローマ人中のローマ人」とよばれる典型的なローマ人で、庶民的雰囲気が強い。12世紀に建てられたサンタ・マリア・イン・トラステベレ教会があり、ロマネスク様式にビザンティンの影響がみられる。この地区のポルタ・ポルテーゼで、日曜日の午前中に開かれる「のみの市」が有名。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラステベレの関連キーワードサンタチェチリアイントラステベレ聖堂サンタマリアイントラステベレ聖堂フレスコバルディジャニコロの丘リュシッポスローマ(市)カバリーニ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android