雰囲気(読み)ふんいき

精選版 日本国語大辞典「雰囲気」の解説

ふんい‐き フンヰ‥【雰囲気】

〘名〙
天体、特に地球をとりまく気体
※気海観瀾(1827)「雰囲気者、不啻交諸雰気蒸気之自地升騰者、気之原質亦不一」
② その場所や、そこにいる人たちが自然に作り出している、ある感じ。また、ある個人がまわりの人たちに惑じさせる特別な気分。ムード。
邪宗門(1909)〈北原白秋〉魔睡・濃霧「月はなほ夜の氛囲気の朧なる恐怖に懸る」
[語誌]幕末までは、オランダ語 Lucht の訳語として①の挙例気海観瀾」などの蘭学書に見える言葉であったが、明治初期に英語 atmosphere の訳語として一般化した。明治末期頃から意味が抽象化して、②の意味に転じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雰囲気」の解説

ふんい‐き〔フンヰ‐〕【雰囲気】

天体、特に地球をとりまく空気。大気。
その場やそこにいる人たちが自然に作り出している気分。また、ある人が周囲に感じさせる特別な気分。ムード。「家庭的な雰囲気の店」「職場の雰囲気を壊す」「雰囲気のある俳優」
[補説]「ふいんき」と発音する人が増えているという調査結果がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android