コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雰囲気 フンイキ

デジタル大辞泉の解説

ふんい‐き〔フンヰ‐〕【雰囲気】

天体、特に地球をとりまく空気。大気。
その場やそこにいる人たちが自然に作り出している気分。また、ある人が周囲に感じさせる特別な気分。ムード。「家庭的な雰囲気の店」「職場の雰囲気を壊す」「雰囲気のある俳優」
[補説]「ふいんき」と発音する人が増えているという調査結果がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんいき【雰囲気】

その場にかもし出されている気分。ムード。 「なごやかな-」 「独特の-」
天体をとりまく大気。 「月には全く-なきことを知り/月世界旅行 」 〔幕末にオランダ語 lucht の訳語とされ、明治初期に英語 atmosphere の訳語となり、明治後期に抽象的な意を持つようになる。「気海観瀾」(1827年)に載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雰囲気の関連キーワードレア・グルーブ[rare groove]レイド・バック[laid back]ジャジー[jazzy]盛り下げる・盛下げるmood maker場を読む/空気を読むトイデジタルカメラsoft moodocculticスナップショットインティメートヤングアダルトエスセティクスアトモスフィアジャパネスクエキゾチックムードに乗るミスティックノーステラス座が白ける

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雰囲気の関連情報