コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリハダゴケ Pertusaria

世界大百科事典 第2版の解説

トリハダゴケ【Pertusaria】

樹皮や岩上に密着して生えるトリハダゴケ科の固着地衣で,低地から高山まで広く分布する。地衣体は非常に薄く,半球状の子器を形成し,胞子は大型で無色,単室で頂端近くの子器の小孔から放出される。墓石や石垣上に黄色く広がるモエギトリハダゴケP.flavicans Lamy,広葉樹の樹皮上に生じ,灰緑色の地衣体とこぶ状の子器をもつヒメコブトリハダゴケP.subobductans Nyl.など,日本に約30種類が知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トリハダゴケの関連キーワードトゲアナツブゴケ(棘孔粒苔)クサビラゴケ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android