コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓石 ぼせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墓石
ぼせき

墓の石。仏教では,釈尊の骨を納めて塔を建てた事跡に習い,遺骨礼拝のための象徴として立てられた石。石碑のほか,石塔石人石獣などがある。方形球形や三角の石を積んだ場合,それは空,水,火,地を表わしている。そこには死者は地に帰るという思想がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はか‐いし【墓石】

墓のしるしに建てた石。死者の戒名姓名没年を刻むことが多い。ぼせき。

ぼ‐せき【墓石】

墓標の石。はかいし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はかいし【墓石】

墓のしるしとして立てる石。ぼせき。

ぼせき【墓石】

はかいし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

墓石の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町虎居大分県臼杵市野津町原石に布団は着せられず島根県安来市植田町新潟県柏崎市学校町チョーカンディーカレンフェルトスタージェスカルスト地形墳墓発掘罪卵塔・蘭塔墓標・墓表赤い信女白川石阿翁石大島石百檀那北木石御影石苔生す

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墓石の関連情報