墓石(読み)ぼせき

  • はかいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墓の石。仏教では,釈尊の骨を納めてを建てた事跡に習い,遺骨礼拝のための象徴として立てられた石。石碑のほか,石塔,石人,石獣などがある。方形球形や三角の石を積んだ場合,それは空,水,火,地を表わしている。そこには死者は地に帰るという思想がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 墓のしるしの石。死者の戒名、俗名、死亡年月日などをきざんで、墓に立てた石。石塔。ぼせき。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)九「曩(さき)に這野見六に、三箇(みつ)の墓石(ハカイシ)を誂て、為(つく)らせしといふ」
〘名〙 墓標の石。墓碑。はかいし。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墓石の関連情報