トンボソウ(蜻蛉草)(読み)トンボソウ(英語表記)Tulotis ussuriensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンボソウ(蜻蛉草)
トンボソウ
Tulotis ussuriensis

ラン科の多年草。日本全土の山地林中に生える。根は紐状で,茎は細く高さ 15~35cm,なかほどに普通2枚の葉をつけ,上部にはごく小さな針状葉を数枚つける。7~8月,茎頂に総状花序をつくり,小さな淡緑色の花を 20個ほどつける。2個の側萼片は線形で左右に開出し,細長い距が垂れ下がって,花の全形トンボを思わせるところからこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android