コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーマス教会 トーマスきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

トーマスきょうかい【トーマス教会】

ドイツ東部のザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)にあるルーテル派の教会。この教会は、1212年にアウグスチノ修道会士の聖堂として建設された。その後、ロマネスク様式からゴシック様式へ建て替えられ、その後も改築・増築を重ねながら今日に至った。◇バッハ(Johann Sebastian Bach、1685~1750年)が1723年(38歳)から亡くなる1750年(65歳)までの28年間、1212年創設のトーマス教会少年合唱団(Thomanerchor)の音楽監督(トーマスカントール)を務めていたことで知られる教会である。バッハは死後ヨハネス教会に葬られたが、第二次世界大戦で同教会が破壊されたため、1950年にバッハの墓は、聖トーマス教会に移された。また、毎週金曜日と土曜日に、800年の歴史を誇る聖トーマス教会少年合唱団の合唱、ライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団の演奏、バッハの曲のオルガン演奏などが行われている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のトーマス教会の言及

【バッハ】より

…物質的にも精神的にも恵まれた生活を反映するかのように,ケーテン時代の作品には生命の喜びが躍動している。
[後期(1723‐50)]
 1722年6月,ザクセンの大都市ライプチヒではトーマス教会カントルの大作曲家J.クーナウが没し,後任としてハンブルクの音楽監督テレマンやダルムシュタットの宮廷楽長グラウプナーChristoph Graupner(1683‐1760)らが候補に上がった。しかし彼らが就任を拒否したため,市参事会は〈最良の人物が得られない以上,中庸な者でがまんしなければなるまい〉と言って,23年4月にバッハの採用を決定した。…

※「トーマス教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トーマス教会の関連キーワードトーマス(Kurth Thomas)M.R.カール・S. シュトラウベハンス・マルティン シュナイトライプツィヒ・バッハ音楽祭ライプツィヒの旧市庁舎ヘルムート ワルヒャギュンター ラミンクルト トーマスパワー ビッグズマタイ受難曲ライプチヒワルタークーナウワルヒャシャイン聖歌隊

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トーマス教会の関連情報