コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドキュメントスキャナー どきゆめんとすきやな

2件 の用語解説(ドキュメントスキャナーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドキュメントスキャナー

ファクシミリ同様に、原稿を移動して読み取り、デジタル情報に変換する入力装置シートフィードスキャナー。読み取れる原稿の種類は、印刷物、プリント写真といった反射原稿で、A4サイズ位までの大きさの物。原稿を読み取る素子としてCCDが使用されている。読み取り部分が固定されるため装置自体のサイズを小さくできる特徴がある。卓上型スキャナーとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドキュメント‐スキャナー(document scanner)

原稿を読み込んで画像データとして取り込むスキャナーオートドキュメントフィーダー自動給紙装置)を備え、多くの枚数の原稿を一度に読み込むタイプのスキャナーは、特にシートフィードスキャナーとよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドキュメントスキャナーの関連情報