ドキュメントスキャナー(読み)どきゆめんとすきやな

ASCII.jpデジタル用語辞典「ドキュメントスキャナー」の解説

ドキュメントスキャナー

ファクシミリ同様に、原稿を移動して読み取り、デジタル情報に変換する入力装置。シートフィード型スキャナー。読み取れる原稿の種類は、印刷物、プリント写真といった反射原稿で、A4サイズ位までの大きさの物。原稿を読み取る素子としてCCDが使用されている。読み取り部分が固定されるため装置自体のサイズを小さくできる特徴がある。卓上型スキャナーとも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android