ドクサバフグ(読み)どくさばふぐ

  • Lagocephalus lunaris
  • どくさばふぐ / 毒鯖河豚

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。東シナ海、南シナ海、インド洋、南アフリカ共和国に分布する。体の背腹両面に小棘(しょうきょく)があり、背面の小棘は背びれの起部に達する。尾びれはやや深く湾入する。体の背側は暗褐色で腹側は銀白色。体長は35センチメートルに達する。皮膚、肝臓、卵巣、腸のほか、肉にも強毒がある。無毒のシロサバフグに一見似ているため、間違って食べ、中毒事件の原因となることがある。最近、日本の沿岸からも採集されており、シロサバフグと混同しないよう注意を要する。

[松浦啓一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android