コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクツルタケ(毒鶴茸) ドクツルタケAmanita virosa

1件 の用語解説(ドクツルタケ(毒鶴茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクツルタケ(毒鶴茸)
ドクツルタケ
Amanita virosa

担子菌類マツタケ目テングタケ科。夏秋の頃,林地の地上に散生する。傘は初め鐘形,丸山形を経て中央の少し高い平らな形となる。径6~15cm,純白色で中央はやや褐色。柄はほぼ同じ太さで高さ8~25cm。傘の近くに下垂した鍔 (つば) があり,下端は袋状の壺に包まれる。胞子紋は白色。猛毒。北海道,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone