コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニエプロジェルジンスク

2件 の用語解説(ドニエプロジェルジンスクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドニエプロジェルジンスク

ウクライナの都市。ウクライナ名はドニプロジェルジンシクDniprodzerzhyns'k。1936年までカメンスコエと称された。ドニエプロペトロフスクの西方約30km,ドニエプル川の河港都市で,冶金,機械,化学などの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドニエプロジェルジンスク
どにえぷろじぇるじんすく
Днепродзержинск Dneprodzerzhinsk

ウクライナのドニエプロジェルジンスク州の州都。ドニエプル川中流部に面し、河港がある。1936年までカーメンスコエКаменское/Kamenskoeとよばれたが、政治家ジェルジンスキーを記念して改称した。人口25万6000(2001)。ドニエプル重工業地帯の一中心地で、ジェルジンスキー記念冶金(やきん)工場をはじめ、コークス化学、化学、鉄道車両などの工場が立地し、大きな火力発電所がある。産業教育施設、歴史博物館が置かれている。市の起源は18世紀なかばで、川沿いの交易場であったが、ソ連時代の第一次五か年計画(1928~32)以降、工業化が進んだ。
 市の北方(上流)に、ドニエプル川をせき止めて建設されたドニエプロジェルジンスク貯水池がある。貯水池は長さ122キロメートル、面積567平方キロメートル、1965年完成。流量制御、灌漑(かんがい)用水と都市・工業用水採取、航行改善、養魚、発電(発電能力25万キロワット)など多目的に用いられる。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドニエプロジェルジンスクの関連キーワードキエフシェフチェンコハリコフホロビッツリヒテルウクライナ政変烏克蘭ドニエプロペトロフスクウクライナ岩ウクライナの議会選挙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone