ドブロ・ギター(読み)どぶろぎたー

世界大百科事典内のドブロ・ギターの言及

【スライド・ギター】より

…代表的なものにハワイアン・ミュージックのスチール・ギターがあり,アメリカ本土ではカントリー・ミュージックにスチール・ギターが使われる。このほか,ブルーグラスなど古い型のカントリー・ミュージックではドブロ・ギターDobro guitarと呼ばれる共鳴装置付きのアコースティック・ギターを首から水平につるし,スライド奏法で演奏する。これに対し,アメリカ南部の黒人のブルースでは,ギターは普通と同じく斜めに支え,左手の薬指などに瓶の首の部分もしくは鉄製の管をはめてそれを弦に当てるボトルネックbottle‐neck奏法が行われ,この奏法は1960年代末からロックに取り入れられて,エレキ・ギター(エレクトリック・ギター)の重要な奏法の一つとなっている。…

※「ドブロ・ギター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android