コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライオフセット印刷 ドライオフセットいんさつdry offset

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライオフセット印刷
ドライオフセットいんさつ
dry offset

オフセット印刷において,一般的な平版を用いないで凸版版面とし,湿し水を用いない印刷。乾式オフセットともいう。版材としては 0.5~1.0mm程度の亞鉛,マグネシウム,真鍮,銅板などを用い,0.2~0.5mm程度の浅い腐食をして使用する。最近では感光性樹脂版なども利用されるが,腐食深度が浅いので,機械の精度が高く,着肉ローラなどの微調整ができるほうがよい。ブランケット胴に転移して印刷するので版の耐刷力は大きく,湿し水を使わないので刷色も安定し,濃度も上がり,用紙の伸縮も少く見当精度がよい。有価証券類の地紋,細紋,紙器のべた刷り,水性インキの印刷などに適し,プラスチックや金属チューブなどの円筒印刷にも応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドライオフセット印刷の関連キーワードオフセット印刷レターセット凸版印刷

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android