伸縮(読み)シンシュク

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅく【伸縮】

[名](スル)伸びたり縮んだりすること。また、伸ばしたり縮めたりすること。のびちぢみ。「伸縮する布地」「伸縮自在」「伸縮性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅく【伸縮】

( 名 ) スル
のびたりちぢんだりすること。のばしたりちぢめたりすること。のびちぢみ。 「温度により-する」 「 -自在」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しゅく【伸縮】

〘名〙 のびることとちぢむこと。また、のばすこととちぢめること。のびちぢみ
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「伸縮、文章を長かき短かく」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「偶々、その皮を突刺たれば、螺力を出して動き出だし、種々の形に伸縮(〈注〉ノビチヂム)せり」 〔蘇軾‐雨橋詩〕

のび‐ちぢみ【伸縮】

〘名〙
① 伸びることと縮むこと。また、伸びたり縮んだりすること。しんしゅく。のびしじまり。
※志都の岩屋講本(1811)下「胃府は心下鳩尾の処に有ってこれは延び縮みの致す物で」
② 発展することと衰退すること。また、増加することと減少すること。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「まして身体(しんだい)かるき家々は、〈略〉のびちぢみの大節季を忘るる事もなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伸縮の関連情報