伸縮(読み)のびちぢみ

精選版 日本国語大辞典「伸縮」の解説

のび‐ちぢみ【伸縮】

① 伸びることと縮むこと。また、伸びたり縮んだりすること。しんしゅく。のびしじまり。
※志都の岩屋講本(1811)下「胃府は心下鳩尾の処に有ってこれは延び縮みの致す物で」
② 発展することと衰退すること。また、増加することと減少すること。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「まして身体(しんだい)かるき家々は、〈略〉のびちぢみの大節季を忘るる事もなく」

しん‐しゅく【伸縮】

〘名〙 のびることとちぢむこと。また、のばすこととちぢめること。のびちぢみ。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「伸縮、文章を長かき短かく」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「偶々、その皮を突刺たれば、螺力を出して動き出だし、種々の形に伸縮(〈注〉ノビチヂム)せり」 〔蘇軾‐雨橋詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「伸縮」の解説

しん‐しゅく【伸縮】

[名](スル)伸びたり縮んだりすること。また、伸ばしたり縮めたりすること。のびちぢみ。「伸縮する布地」「伸縮自在」「伸縮性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android