コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラビダ文学 ドラビダぶんがくDravidian literatures

1件 の用語解説(ドラビダ文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラビダ文学
ドラビダぶんがく
Dravidian literatures

インドで使われているドラビダ諸語で著された文学。タミルナードゥ州を中心とするタミル語の文学,アンドラプラデーシュ州を中心とするテルグ語の文学,カルナータカ州を中心とするカンナダ語の文学,ケララ州を中心とするマラヤーラム語の文学が主。タミル文学は前3世紀,カンナダ文学は9世紀と,それぞれ古い起源をもち,独自の遺産と伝統を受け継ぎながら,古典サンスクリット文学を翻案,受容し,19世紀以降はイギリス,ヨーロッパ文学を摂取した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone