コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリュアデス ドリュアデスDryades

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドリュアデス
Dryades

ギリシア神話のニンフの一つ。木の精。ハマドリュアスとも呼ばれる。そのひとりひとりの生命は1本ずつの木と結合,木とともに生れ,死ぬとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のドリュアデスの言及

【ニンフ】より

…一説では彼女は美と優雅の女神たちカリテスの母とされる。(2)ドリュアデスDryades 樹木のニンフ。樹木drys(カシの木)とともに生hamaを終えると信じられたところから,ハマドリュアデスHamadryadesとも呼ばれる。…

※「ドリュアデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドリュアデスの関連キーワードギリシア神話

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android