ドロボ(読み)どろぼ(英語表記)Dorobo

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドロボ」の解説

ドロボ
どろぼ
Dorobo
Ndorobo

アフリカ、ケニア西部および北部の広い地域と、わずかだがタンザニアウガンダに、小グループに分かれて住む狩猟採集民の総称。彼らの言語はさまざまで、クシ語、マサイ語、カレンジン語などを含む。ドロボという名はマサイ語のイル・トロボ(「貧しい人」の意)から派生したスワヒリ語からつけられている。マサイの目を通してみたこれらの狩猟採集民は、牛をもっておらず、したがって野生動物を食べねばならない貧しい人々だったのである。そのため商人や探検家はこれらの人々の差異を無視し、一括してドロボとよぶことになった。これらのグループのなかにはオキエクOkiek、サニィエSanye、コルコロKorkoro、ダハロDahalo、サンダウェSandawe、イクIk、ヤークYaakなどがある。このうちもっともよく知られているのはカレンジン語に近い言語を話すオキエクで、ケニアの高地森林地帯のほとんどすべての地域に30以上の小グループに分かれて住んでいる。

加藤 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android