コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドワーフ ドワーフdwarf

翻訳|dwarf

1件 の用語解説(ドワーフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドワーフ(dwarf)

魔力を持つ、伝説上の小人(こびと)。
動植物名に付けて、小さい、矮小である、の意を表す。矮性。「ドワーフグラミー」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドワーフの言及

【アイリス】より

…丈がやや低く,ジャーマン・アイリスの名のもととなったドイツアヤメI.germanica L.(英名German iris)も起源不明の雑種である。ビアディッド・アイリス群に属する野生種は約40種あり,園芸上40cm以下をドワーフdwarfと呼び,ナンキンアヤメI.pumila L.もこの群に含まれる。(3)ビアドレス・アイリス群(外花被片にひげ状突起のないもの) (a)ルイジアナ・アイリス類Louisiana irises アメリカのミシシッピ川流域に自生するチャショウブI.fulva Ker‐Gawl.(英名copper iris)など5種とそれらの天然交雑種や多数の園芸品種があり,花色が豊富で,花はカキツバタやハナショウブに似る。…

※「ドワーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドワーフの関連情報