コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小さい チイサイ

デジタル大辞泉の解説

ちいさ・い〔ちひさい〕【小さい】

[形][文]ちひさ・し[ク]
物の形・容積・面積が、狭い空間や場所しか占めていない。「―・い家」「―・い花」⇔大きい
量・数が少ない。「記事を―・く扱う」「利幅が―・い商売」「―・い声で話す」⇔大きい
程度がわずかである。「影響が―・い」「朝晩の温度差が―・い」⇔大きい
規模が普通以下である。「―・い台風」「―・い会社」⇔大きい
範囲が狭い。「―・い問題も大事にする」
心が狭い。度量が狭い。「気が―・い」「人物が―・い」⇔大きい
ささいなさま。あまり重要でない。「―・いことでくよくよするな」⇔大きい
年齢が少ない。幼少である。「―・いころからよく知っている」⇔大きい
卑下した状態である。ちぢこまっている。「隅の方で―・くなっている」
10 金銭の単位が下である。こまかい。「一万円札を―・くする」
[派生]ちいさげ[形動]ちいささ[名]
[用法]ちいさい・ちいさな――「もう少し小さい(小さな)声で話しなさい」「もっと小さい(小さな)ほうがいい」など、意味の上では、相通じて用いられる。◇「小さい」には「小さい家」「小さくなる」「小さかった」のように活用があるが、「小さな」は「小さな家」「小さな希望」「声の小さな人」のように体言の前にしか使えない。◇例えば「小さい家」と「小さな家」とでは、前者はある基準に照らし合わせての客観的な形容だが、後者は表現者の主観的な判断が入っている場合がある。すなわち、「小さい家」は標準以下の意であるが、「小さな家」は標準以上であっても、周囲に比べてとか、持ち主の社会的地位から見ればとかを考えての表現になる場合がある。

ちさ・い【小さい】

[形][文]ちさ・し[ク]ちいさい」の音変化。
「つい其時の言葉迄―・い胸に刻み付けて置いた」〈漱石・彼岸過迄〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちいさい【小さい】

( 形 ) [文] ク ちひさ・し
容積・面積・身長などの占める場所・空間が少ない。 「 - ・い入れ物」 「 - ・い円」 「 - ・い順に並ぶ」 「 - ・きものはみなうつくし/枕草子 151
規模がわずかである。勢力が弱い。 「 - ・い会社」 「 - ・い派閥」
数量が少ない。 「一は二より-・い」
年齢が少ない。幼い。 「 - ・い頃の話」 「 - ・い弟妹たち」
音量が少ない。 「声が-・い」
度量が乏しい。包容力に欠ける。 「人物が-・い」 「気が-・い」
重大でない。重要でない。 「 - ・いことにくよくよするな」 「 - ・いミスまで指摘する」
▽↔ 大きい
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )
[句項目]

ちさい【小さい】

( 形 ) [文] ク ちさ・し
「ちいさい(小)」の転。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小さいの関連キーワードスキャンティー多麻古須気肝が小さい小額紙幣小ちゃい小石・礫スモール女子扇小奉書笹の葉小半蔀玉小菅小仕掛小家小舟ぽつ細瓮小枝小魚鋭角

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小さいの関連情報