コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドワールカ ドワールカDwārka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドワールカ
Dwārka

サンスクリット語ではドバラカ Dvārakāまたはドバラバティ Dvār-avati (「多くの門の街」の意) 。インド西部,グジャラート州カティアワール半島西端の町。ジャームナガル西方約 120kmに位置。伝説ではクリシュナマトゥラの戦いのあと都をおいたといわれ,クリシュナ寺院があって,ヒンドゥー教の七大巡礼地の一つ。ミレットバター,搾油用種子,塩を移出。大規模なセメント工業がある。人口2万 7823 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドワールカの関連情報