コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビル Pierre Naville

世界大百科事典 第2版の解説

ナビル【Pierre Naville】

1904‐1993
フランス著述家,政治活動家。パリに生まれ,1924年からシュルレアリスム集団に加わる。この運動と《クラルテClarté》誌などの政治運動との協調をはかるが,しだいに社会革命家としての自覚を強め,28年ごろ脱退。以来フランスにおける反スターリニズム的コミュニズム運動の重要な活動家・理論家の一人となる。《新レビアタン》全6巻(1957‐75)などの理論書のほか,《超現実の時代》(1977)のような回想記もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナビルの関連キーワードイスラム・マグレブ・アルカイダエイズ/HIV感染症世界のHIV感染者世界のおもな博物館プロテアーゼ阻害剤フランス社会学抗ウイルス剤杉野田ぬきグレイブズジャクソンエイズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナビルの関連情報