ナビル(英語表記)Pierre Naville

世界大百科事典 第2版の解説

ナビル【Pierre Naville】

1904‐1993
フランス著述家,政治活動家。パリに生まれ,1924年からシュルレアリスム集団に加わる。この運動と《クラルテClarté》誌などの政治運動との協調をはかるが,しだいに社会革命家としての自覚を強め,28年ごろ脱退。以来フランスにおける反スターリニズム的コミュニズム運動の重要な活動家・理論家の一人となる。《新レビアタン》全6巻(1957‐75)などの理論書のほか,《超現実の時代》(1977)のような回想記もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナビルの関連情報