コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナブール Nabeul

デジタル大辞泉の解説

ナブール(Nabeul)

チュニジア北東部、ボン岬半島東岸の都市。17世紀にアンダルシア移民が製陶をもたらし、現在も陶器の生産が盛ん。南西郊に古代ローマ時代の都市ネアポリスの遺構がある。海岸保養地としても知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナブールの関連キーワードエディット ピアフジャック ルーシェピアニストを撃てポール モーリアヤコブ ウタマラインの仮橋アズナブールモーリアピアフ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android