コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガクリタケ(苦栗茸) ニガクリタケNaematoloma fasciculare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガクリタケ(苦栗茸)
ニガクリタケ
Naematoloma fasciculare

担子菌類マツタケ目モエギタケ科。一名ヤナギタケ (柳茸) 。夏から秋にかけて,針葉樹の古い切り株や土の上で腐っている材などに多数が叢生する。傘は丸山形で,のちに平らになりわずかに中央が高い。直径2~5cm。表面は硫黄色,中央がやや褐色を帯び,裏面は初め表と同じ硫黄色,のちに暗褐色になる。茎は太さ3~7mm,長さ5~12cm,傘と同じ色で,裂けやすく中空,初め上方に綿毛状黄白色の鍔 (つば) があるが消失しやすい。胞子紋は紫褐色。このキノコはクリタケに似ているが,苦みがあるのと終りまで硫黄色である点で区別できる。有毒菌。日本全土にみられ,汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android