クリタケ

百科事典マイペディアの解説

クリタケ

北半球の温帯に広く分布するモエギタケ科のキノコ。秋,山林内広葉樹に束生。かさは径3〜8cm,茶褐色で繊維質。ひだは淡紫褐色で,柄に直生または湾生する。柄は中空で,長さ10cmに達し下半部は褐色,上部は黄白色で不完全なつば残片がある。美味な食菌。毒菌ニガクリタケに似ているので注意を要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリタケ
くりたけ / 栗茸
[学]Naematoloma sublateritium (Fr.) Karst.

担子菌類マツタケ目モエギタケ科の食用キノコ。ナラ、クヌギ、クリなどの広葉樹の切り株や倒木上に叢生(そうせい)する。傘は半球形から扁平(へんぺい)に開き、径3~8センチメートル、表面は赤褐色ないし栗(くり)色、縁のほうに白い綿くず状の繊維を帯びる。ひだは初めは黄白色であるが、胞子が熟すと淡紫褐色となる。胞子紋は暗紫褐色。茎は長さ5~10センチメートル、上半部は黄白色、下半部は茶褐色。半開きの若い傘の下側には綿を伸ばしたような薄い膜が張るが、茎にはつばとして残らない。晩秋まで発生し、美味な食菌として昔から広く親しまれる。地方名も多く、クリノキモタセ、アカキノコ、アカンボウ、ヤマドリモタセなどがある。近縁のニガクリタケは毒キノコであるが、全体に硫黄(いおう)色ないしレモン色を帯び、味が苦いので区別はむずかしくない。しかしニガクリタケのほうが季節を問わず、しかも、至る所に発生するので注意が必要である。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリタケの関連情報