コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコチアナ ニコチアナ 〈ラテン〉nicotiana

2件 の用語解説(ニコチアナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニコチアナ(〈ラテン〉nicotiana)

ナス科の一年草。タバコと同属の植物で、近年栽培が解禁された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコチアナ
にこちあな
[学]Nicotiana sanderae hort.

ナス科の一年草。喫煙用のタバコN. tabacum L.と同属であるが、本種は観賞用草花で、ハナタバコともいう。高さ0.5~1メートル。茎下部の葉は大きいへら形で、茎上部の葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形。茎、葉ともに粘毛がある。5~7月、径約3センチメートルで赤、桃、白色などの高杯状花を開く。花壇用とし、栽培方法はペチュニアに準ずる。[柳 宗民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニコチアナの言及

【タバコ(煙草)】より

…栽培タバコであるN.tabacum L.は複二倍体(ゲノム構成SSTT)と考えられ,体細胞は48本の染色体を有している。親となった野生二倍体はニコチアナ・シルベストリスN.sylvestris Spreng.(2n=24,ゲノム構成SS)とニコチアナ・トメントシフォルミスN.tomentosiformis Goodsp.(2n=24,ゲノム構成TT)で,両種の雑種倍数体化起源と考えられている。また,ニコチアナ・オトフォラN.otophora Griseb.が父方の祖先種ではないかとの説もあるが,最近の研究ではN.sylvestrisを母とし,N.tomentosiformisを父として成立したことが確認されている。…

※「ニコチアナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニコチアナの関連キーワードタバコモザイクウイルスタバコ切りタバコ銭寝タバコ葉タバコ煙草タバコ蛾タバコ税茄子ロート根

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコチアナの関連情報