コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューマティックタイヤ pneumatic tire

デジタル大辞泉の解説

ニューマティック‐タイヤ(pneumatic tire)

空気を入れて使う、普通のタイヤ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニューマティックタイヤの言及

【タイヤ】より

…一般には,自動車タイヤに代表される車輪の外側を構成するゴム製の円環部分をいうが,鉄道車両の鋼製のものもタイヤと呼ぶことがある。ゴム製のタイヤには空気入りタイヤ(ニューマティックタイヤpneumatic tire)と空気を入れずにゴムが充てんされているソリッドタイヤsolid tireがある。空気入りゴムタイヤのおもな機能は,(1)車体などの荷重を支える,(2)駆動力や制動力を路面に伝える,(3)曲がるための力を路面に伝える,(4)路面の凹凸による衝撃を緩和することにある。…

※「ニューマティックタイヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニューマティックタイヤの関連キーワード空気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android