ネオケラトプス類(読み)ねおけらとぷするい(英語表記)neoceratopsian

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネオケラトプス類
ねおけらとぷするい
neoceratopsian
[学]Neoceratopsia

鳥盤目周飾頭(しゅうしょくとう)類(亜目)角竜(つのりゅう)類(下目)に分類される恐竜のうち、プシッタコサウルス科Psittacosauridaeを除いたグループ。新角竜類、ネオケラトプシアともいう。小さな体形のプロトケラトプス類と大きな体形のケラトプス類からなる。[小畠郁生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android