コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッカー[川] ネッカー

世界大百科事典 第2版の解説

ネッカー[川]【Neckar】

ドイツ南西部を流れるライン川の右岸支流。シュワルツワルト東麓シュウェニンゲンのネッカー湿地(標高706m)に源を発し,シュワルツワルトとシュウェービッシェ・アルプの間を北流してマンハイムでライン川に合流する。全長371km。流路はすっかり運河化され,ライン川からの大型船がさらにネッカー川をさかのぼることができる。沿岸ではブドウ栽培が盛ん。シュトゥットガルト,ハイルブロンなどの工業都市が立地し,マンハイムの東には大学都市として著名なハイデルベルクがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のネッカー[川]の言及

【ビュルテンベルク】より


[地理]
 南はボーデン湖から北はタウバー川まで,西はバーデン地方,東はバイエルン州に連なる。西側にシュワルツワルトの山並みが南北に横たわり,中央部には丘陵山地のシュウェービッシェ・アルプSchwäbische Alb(幅40km,長さ220km,最高地点1015m)が南西から北東方向に斜めに走って,その北麓を北に流れるネッカー川と,南麓を東に向かうドナウ川の分水嶺をなしている。ライン川上流のワルツフートを支点にしてシュワルツワルトとシュウェービッシェ・アルプにはさまれたV字形の地帯がシュワーベン段丘地で,崖と段丘が階段状をなして北方マイン川流域のフランケン段丘地まで連なっている。…

※「ネッカー[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネッカー[川]の関連キーワードライン[川]