コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール盆地 ネパールぼんち Nepal Valley

1件 の用語解説(ネパール盆地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネパールぼんち【ネパール盆地 Nepal Valley】

ネパール中央部,首都カトマンズを含む盆地。カトマンズ盆地Kāthmāndu Valleyとも呼ばれる。南のマハーバーラト山脈と北の大ヒマラヤ山脈との間に介在する標高約1300mの中間低地にあたり,東西約20km,南北約35kmの小盆地。肥沃な土壌に恵まれ,米,小麦,ナタネなどの産が多い。1200年ころ~18世紀半ばにはマッラ王朝のもとでネワール(カトマンズの主要住民)文化の花が開いた。18世紀半ばにはグルカ(ゴルカ)勢力がカトマンズを征服,今日に至るシャハ(ゴルカ)王朝を建てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネパール盆地の関連キーワードカトマンズネパールネパール語タリム盆地ツァイダム盆地インドラジャトラダサインネパールと中印カトマンズの渓谷カトマンズの谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone