コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール盆地 ネパールぼんちNepal Valley

世界大百科事典 第2版の解説

ネパールぼんち【ネパール盆地 Nepal Valley】

ネパール中央部,首都カトマンズを含む盆地。カトマンズ盆地Kāthmāndu Valleyとも呼ばれる。南のマハーバーラト山脈と北の大ヒマラヤ山脈との間に介在する標高約1300mの中間低地にあたり,東西約20km,南北約35kmの小盆地。肥沃な土壌に恵まれ,米,小麦,ナタネなどの産が多い。1200年ころ~18世紀半ばにはマッラ王朝のもとでネワール(カトマンズの主要住民)文化の花が開いた。18世紀半ばにはグルカ(ゴルカ)勢力がカトマンズを征服,今日に至るシャハ(ゴルカ)王朝を建てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネパール盆地の関連キーワードクマリ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネパール盆地の関連情報