ネフローゼ症候群の診断基準(読み)ねふろーぜしょうこうぐんのしんだんきじゅん

家庭医学館の解説

ねふろーぜしょうこうぐんのしんだんきじゅん【ネフローゼ症候群の診断基準】

①たんぱく尿 1日の尿たんぱくは3.5g以上を持続する。
②低たんぱく血症 血清総たんぱく量は6.0g/dℓ以下、低アルブミン血症とした場合は、血清アルブミン量3.0g/dℓ以下。
高脂血症 血清総コレステロール量230mg/dℓ以上。
浮腫
(注)上記の①と②は、ネフローゼ症候群診断のための必須条件だが、高脂血症と浮腫は必須条件ではない。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android