コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高脂血症 こうしけつしょう

大辞林 第三版の解説

こうしけつしょう【高脂血症】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵の解説

高脂血症

血清脂質にはコレステロール(遊離型、エステル型)、トリグリセリド(中性脂肪)、リン脂質、遊離脂肪酸などがあり、いずれもたんぱく質と結合している。たんぱく質と脂質の結合した物質をリポたんぱく質という。高脂血症は、これらの脂質やリポたんぱく質が血中で増加する。リポたんぱく質にはカイロミクロン、低比重リポたんぱく質(LDL : low density lipoprotein)、高比重リポたんぱく質(HDL : high density lipoprotein)などがある。食事の影響が大きく、動脈硬化症と深い関係がある。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしけつ‐しょう〔カウシケツシヤウ〕【高脂血症】

血液中の脂質値が異常に高い症状。総コレステロール中性脂肪LDLコレステロール(悪玉)の値が基準値より高く、HDLコレステロール(善玉)の値が基準値より低いなど、脂質の値に異常がある状態の総称。日本動脈硬化学会が平成19年(2007)に発表した指針により、前記の診断基準から総コレステロール値がはずされ、さらにHDLコレステロール値が低い状態を「高脂血症」とよぶのは適切でないということから、名称も「脂質異常症」に変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高脂血症【こうしけっしょう】

血液中に存在する,コレステロールリン脂質中性脂肪(トリグリセライド),遊離脂肪酸の4種の血清脂質が異常に多い状態。4種のうち,コレステロール値が高い高コレステロール血症と,中性脂肪値の高い高トリグリセライド血症が問題となる。
→関連項目かくれ肥満

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

生活習慣病用語辞典の解説

高脂血症

血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂肪分が異常に増える状態のことで、自覚症状はほとんどありません。脂肪分 (脂質) は生きていく上で必要な成分ですが、多すぎると動脈硬化が進行し、脳卒中心筋梗塞などを引き起こす原因となります。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしけつしょう【高脂血症 hyperlipemia】

血液中に脂肪が増加した病的状態をいう。脂肪としては通常コレステロールとトリグリセリドを指す。高脂質血症hyperlipidemiaもほぼ同義語として用いられる。脂肪は血液中でアポリポタンパク質と複合体を形成して存在しているので,近年その複合体の質的異常としてとらえ,高リポタンパク質血症hyperlipoproteinemiaの名称がよく使われている。高リポタンパク質血症は成因によって家族性と続発性とに大別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高脂血症
こうしけつしょう
hyperlipidemia; hyperlipemia

血液中のコレステロールや中性脂肪など,1つまたはそれ以上の脂質分画が増加し,正常値をこえた状態をいう。特に血清が白濁して,トリグリセリド濃度の増加している場合をさすこともあるが,現在では高脂質血症,高リポ蛋白血症と同義語として使われることが多い。高脂血症のうち,脂質各成分の増加を表現するときは,それぞれ高コレステロール血症,高グリセリド (中性脂肪) 血症,高リン脂質血症というように呼ぶ。これらは動脈硬化,ことに冠状動脈硬化症の進展に関係が深いので,注目されている。高コレステロール血症は,主として動物性脂質の摂取過剰とその処理不全によることが多いが,ネフローゼ,糖尿病,閉塞性黄疸に伴うものや,家族性のものなどがある。高リン脂質血症は各種の脂質代謝異常で起るが,高コレステロール血症と合併することが多い。家族性の高リポ蛋白血症,閉塞性黄疸,甲状腺機能低下症,糖尿病,ネフローゼなどが原因となる。また,細胞における脂質代謝障害を総称してリピドーシスと呼ぶが,脂質は血液中では蛋白質と結合してリポ蛋白として存在しているので,臨床的には,血中リポ蛋白濃度が異常に増加または減少するリポ蛋白異常症をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高脂血症
こうしけつしょう
hyperlipemia

従来、中性脂肪(トリグリセライド、トリグリセリド)数値、コレステロール数値、あるいはHDLコレステロール(高比重リポタンパクコレステロール)数値の異常を高脂血症と総称していたが、HDLコレステロール数値は分けて考えるべきという指摘と、欧米の慣習を取り入れて脂質異常症とされた。[中村治雄・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高脂血症の言及

【動脈硬化】より

…ところが,脳卒中の内容をみると,脳梗塞による死亡が3.9人から59.8人と約15倍に増えてきており,70年に脳出血と脳梗塞の比がついに逆転した。(94年の虚血性心疾患の対10万年死亡率は74人,脳卒中は97人,うち脳梗塞は54.4人である)このように,近年日本においても虚血性心疾患や脳梗塞,いいかえれば動脈硬化性疾患が増加の一途をたどっているという事実は,大都市の一部において食餌性の高脂血症に伴った虚血性心疾患がみられ,しかも30歳代の心筋梗塞をしばしば経験するようになったことからも十分うなずける。
[動脈硬化の危険因子]
 動脈硬化症の成因は多元的なものとみなされており,高脂血症などの体液因子,血管壁の代謝異常や高血圧による局所的因子,食事組成やストレスなどの社会文化的条件,それにこれら多元的な因子の根底に遺伝的因子が存在している。…

※「高脂血症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高脂血症の関連キーワード内臓脂肪症候群(内臓脂肪型肥満)マルチプルリスクファクター症候群EPA(エイコサペンタエン酸)ネフローゼ症候群の診断基準メタボリックシンドロームロスバスタチンカルシウム心臓リハビリテーションキッセイ薬品工業フラクトオリゴ糖クロフィブラートネフローゼ症候群クロフィブレートリン(燐)脂質クレストール錠第一三共[株]小児生活習慣病ダンベル体操大豆サポニン生活習慣病抗高脂血薬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高脂血症の関連情報