コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボリリュウ(昇竜) ノボリリュウHelvella crispa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボリリュウ(昇竜)
ノボリリュウ
Helvella crispa

ノボリリョウともいう。子嚢菌類盤菌目ノボリリュウ科。秋に,まれに春に落葉樹の湿った林下に出る。キノコの高さは約 10cm。頭部は2裂片から成り鞍形で縁は波打っている。白色ないしクリーム色。茎は円筒形で太く,中空,表面はなめらかで縦に深い溝が通っている。本種に似たアシボソノボリリュウ H. elasticaの茎は比較的細く,深い溝はない。またクロノボリリュウ H. lacunosaは頭部の表面が黒く,ともに日本全土に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノボリリュウ(昇竜)の関連キーワードクロノボリリュウ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android